この記事はPRを含みます

日勤のみで働きたい看護師の転職:理想の働き方を手に入れる方法

記事を書いている人

現役看護師。
やりたいことがなく、新卒でクリニックに就職。
しばらく勤務するが、収入を上げたいと思い転職を決意。
しかし、業務の割にはパッとしない給料だと感じ、お金の勉強を始める。
現在は看護師をしながら投資にも取り組み、悩める看護師へ向けて情報発信中。

toarunurseをフォローする
転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. はじめに
  2. 日勤のみで働きたい看護師のニーズの増加
    1. 家庭との両立
    2. 健康面への配慮
  3. 日勤のみのメリットとデメリット
    1. メリット
      1. 生活リズムの安定
      2. 使える時間が増える
    2. デメリット
      1. 給与面の影響
      2. キャリアアップへの影響
  4. 日勤のみの勤務形態
    1. 常勤
    2. 非常勤
    3. 派遣
  5. 日勤のみの勤務が適している人材像
    1. 家庭重視の方
    2. 健康管理を重視する方
    3. プライベートの時間を確保したい方
    4. フルタイムの主婦看護師
    5. ワークライフバランスを重視する看護師
    6. シニア世代の看護師
  6. 求人情報の探し方
    1. 病院のホームページをチェック
    2. 看護師転職サイトを活用
    3. キャリアアドバイザーに相談
  7. 日勤のみの求人が集中している傾向と対策
    1. 傾向
      1. 施設タイプ
      2. 非常勤や派遣での募集
    2. 対策
      1. 地域や施設の情報収集
      2. 転職エージェントの活用
  8. 日勤のみの勤務条件の交渉ポイント
    1. 給与の交渉ポイント
    2. 勤務日数とシフト制度の交渉ポイント
    3. 自分の強みをアピールする
    4. 相手の立場を理解する
    5. 冷静な対応
  9. 職場環境の確認と面接時の質問例
    1. 労働時間と休日の調整
    2. チームのサポート体制
    3. キャリアアップの機会
    4. 面接時に聞くべき質問例
      1. 勤務時間や休日の調整について
      2. チームのサポート体制について
      3. キャリアアップの機会について
  10. 転職成功のためのアドバイスとコツ
    1. 競争力の向上
    2. キャリアの展望
    3. 自己成長とやりがい
  11. 日勤のみで働く看護師のキャリアパス
    1. スキルアップへの取り組み
    2. キャリアプランの明確化
    3. ネットワークの構築
    4. キャリアの選択肢の拡大
  12. まとめ

はじめに

看護師の勤務形態において、

日勤のみで働きたいというニーズが増加している背景には、

多様な要因が絡んでいます。

今回はm日勤で働きたい人が多い理由と、

日勤のみで働くにはどうしたらよいのかを紹介します。

日勤のみで働きたい看護師のニーズの増加

近年、社会の変化や働き方の多様化に伴い、

看護師の中でも家庭との両立や

自分のライフスタイルに合わせた働き方を求める声が増えています。

主な理由は以下の通りです。

家庭との両立

看護師の中には、子育てや家庭のサポートをするために、夜勤や交代勤務を避けたいと考える方が多いです。

統計データによると、看護師の約85%が日勤のみでの勤務を希望しているという結果が示されています

(出典:看護師労働実態調査

健康面への配慮

不規則な勤務や夜勤勤務は、睡眠や食生活に影響を与えることがあり、看護師自身の健康面にも懸念があります。

実際私も、頭痛が増えたり、日中急激に眠くなるなどの体調の変化を感じていました。

日勤のみのメリットとデメリット

メリット

生活リズムの安定

日勤のみでの勤務は、生活リズムを安定させることができ、睡眠や食事などの生活習慣を整えられます。

使える時間が増える

夜勤明けにの怠さがなくなり、自分の時間が有意義に使えるようになります。

また、家族や子供との時間も増え、充実した生活ができるでしょう。

デメリット

給与面の影響

夜勤手当などの給与面でのメリットが一部減少する可能性があります。

しかし、職場によっても十分な給料が見込める場合もあります。

求人情報を調べ、納得のいく職場を選ぶと良いでしょう。

キャリアアップへの影響

夜勤経験がないことにより、一部の病院ではキャリアアップに対するマイナス評価を受ける場合があります。

そのため、日勤のみでの勤務を選択する場合は、キャリアアップに関してより戦略的なキャリアプランを立てる必要があります。

日勤のみの勤務形態

常勤

病院や施設に正社員として採用され、定期的に日勤のみの勤務を行う形態です。

給与や福利厚生が充実している一方、勤務時間や休日の取得が比較的厳格な場合があります。

非常勤

常勤とは異なり、パートタイムやアルバイトとして日勤のみで勤務します。

勤務時間や休日の調整が柔軟で、家庭との両立をしやすいというメリットがあります。

また、副業をやっている方でもスケジュール管理がしやすいです。

派遣

看護師派遣会社と契約し、病院や施設に派遣されて日勤のみで勤務します。

期間限定の仕事もあるため、自分の都合に合わせた働き方が可能です。

困ったことがあれば、派遣会社を通じて、派遣先と交渉をしてくれる場合もあります。

それぞれの形態には特徴があり、家庭との両立や健康への配慮、キャリアアップの観点から考慮すべき要素が異なります。

自身のライフスタイルや目標に合わせて、適切な勤務形態を選択することが大切です。

転職活動の際には、自分の希望に合った勤務形態を探し、適切な求人情報を比較検討することが成功への第一歩となります。

日勤のみの勤務が適している人材像

家庭重視の方

子育てや家族のサポートに重きを置く方は、日勤のみの勤務が適しています。

日中の時間を家族と共有し、家庭との両立を大切にしたいと考える方々に適しているでしょう。

健康管理を重視する方

不規則な勤務や夜勤勤務は、看護師自身の健康に影響を及ぼすことがあります。

健康管理を重要視する方にとって、日勤のみの勤務はより適した働き方と言えるでしょう。

ちなみに私は、健康が大事だという理由で日勤のみの勤務に転職しました。

プライベートの時間を確保したい方

夜勤や交代勤務は拘束時間が長く、疲労も蓄積するためプライベートの時間を確保することが難しい場合があります。

プライベートの時間を大切にしたいと考える方々にとって、日勤のみの勤務は魅力的な選択肢ですね。

フルタイムの主婦看護師

子育てが一段落し、家庭との両立を図りながら、看護師としての経験を活かしたいと考えるフルタイムの主婦看護師は、日勤のみの勤務を選択することが多いです。

家事や子育てに時間を割くために、夜勤や交代勤務を避けたいというニーズがあります。

ワークライフバランスを重視する看護師

自分の時間や趣味、リフレッシュする時間を大切にしたいと考える看護師も、日勤のみの勤務を希望することがあります。

プライベートの時間を確保しつつ、看護師としての働き方を楽しみたいとい方にもおすすめの勤務形態です。

シニア世代の看護師

シニア世代の看護師の中には、健康への配慮やライフスタイルの変化から、日勤のみでの勤務を希望する方がいます。

シニア看護師でも経験を活かし、日勤のみの勤務で看護師としての役割を果たしたいという方もいます。

求人情報の探し方

病院のホームページをチェック

まずは、興味を持った病院の公式ホームページをチェックしましょう。

転職サイトでは扱っていない採用情報や求人情報が掲載されている場合もあります。

看護師転職サイトを活用

日勤のみの求人や希望条件に合った求人を絞り込んで検索することができます。

また、自分のプロフィールを登録しておくと、マッチングされた求人情報が届く場合もあります。

サイトによっては、未公開の求人であったり、面接に同行してくれるものもあるため活用すると良いでしょう。

キャリアアドバイザーに相談

看護師転職サイトや人材紹介会社には、キャリアアドバイザーが在籍しています。

希望条件やキャリアプランを伝え、専門家のアドバイスを受けることで、より適切な求人情報を見つける手助けをしてもらえるでしょう。

日勤のみの求人が集中している傾向と対策

傾向

施設タイプ

一般的に、大きな総合病院よりも小規模な診療所やクリニック、特定の専門分野に特化した施設などで日勤のみの求人が多いです(美容や透析など)。

特に地方の地域病院や診療所では、日勤のみの看護師を募集している傾向があります。

非常勤や派遣での募集

常勤としての日勤のみの求人が少ない場合でも、非常勤や派遣の形態で日勤のみの勤務が可能なケースがあります。

これらの求人情報も併せてチェックすることが重要です。

対策

地域や施設の情報収集

希望の地域や勤務先として考えている施設の特徴を調査しましょう。

地方の施設や特定の診療所など、日勤のみの求人が多い場所をターゲットにすると、求人を見つけやすくなります。

転職エージェントの活用

転職エージェントを利用することで、日勤のみの求人情報をいち早く入手できる可能性が高まります。

エージェントは多くの求人情報にアクセスできるため、適切な求人を見つける手助けにるでしょう。

日勤のみの勤務条件の交渉ポイント

給与の交渉ポイント

給与を交渉する際には、自分の看護師としての経験やスキルをしっかりアピールしましょう。

特に日勤のみでの勤務を選択する場合は、夜勤手当の代わりに他の手当等を求めることも考慮できます。

また、同じ地域や職種での給与相場を調査し、自分の希望給与が適正かどうかを把握するとよいでしょう。

統計データや求人情報サイトを活用して客観的なデータを参考にしましょう。

勤務日数とシフト制度の交渉ポイント

日勤のみの勤務としても、週の勤務日数は病院や施設によって異なります。

週3日勤務や週4日勤務など、自分の希望に合った勤務日数を交渉してみましょう。

病院や施設によっては、シフト制度が柔軟な場合もあります。

自分のプライベートの予定や家庭との調整を考慮して、希望するシフトを相談してみることが大切です。

自分の強みをアピールする

経験やスキル、特別な資格を持っている場合は、それを積極的にアピールしましょう。

病院や施設にとって、優秀な看護師として貢献できることをアピールすることで、交渉の余地が広がる可能性があります。

相手の立場を理解する

交渉相手は病院の人事担当者や採用担当者です。

相手の立場を理解し、病院側にもメリットがある提案をすることで、交渉がスムーズに進む可能性があります。

WinWinな関係を目指しましょう。

冷静な対応

自分の希望に合った条件を引き出すためには、冷静な対応が重要です。

感情的にならず、理性的な交渉を心掛けましょう。

職場環境の確認と面接時の質問例

労働時間と休日の調整

日勤のみの勤務形態でも、勤務時間や休日の調整がスムーズに行える職場は働きやすい環境といえます。

プライベートの予定や家庭との調和を図りながら働くためには、柔軟なシフト制度が重要です。

チームのサポート体制

看護師はチームで働くことが多いため、職場のチームのサポート体制が整っていることが重要です。

仕事の分担やコミュニケーションが円滑に行える職場は、ストレスを軽減し、仕事へのモチベーションを高める助けとなります。

キャリアアップの機会

看護師としての成長やキャリアアップを望む場合には、職場での研修や勉強会、専門的なスキルの習得ができる環境が重要です。

自分のスキルを磨き、成長できる職場は、モチベーションを高める要素となります。

面接時に聞くべき質問例

勤務時間や休日の調整について

  • 「日勤のみでの勤務ですが、勤務時間や休日の調整はどのように行われていますか?」
  • 「家庭との両立を大切にしたいので、柔軟なシフト調整が可能か教えてください。」

チームのサポート体制について

  • 「チームでの連携やコミュニケーションは重要だと思います。職場でのチームのサポート体制について教えてください。」
  • 「新しい環境に適応するのにサポートが必要な場合、どのようなサポートが受けられるでしょうか?」

キャリアアップの機会について

  • 「看護師としてスキルアップやキャリアアップを目指しています。職場での研修やスキル習得の機会について教えてください。」
  • 「専門的なスキルを磨くためのサポートや機会はありますか?」

転職成功のためのアドバイスとコツ

競争力の向上

看護師の求人市場は競争が激しくなっています。

高度なスキルや専門知識を持つ看護師は、他の候補者よりも優位に立つことができるでしょう。

スキルアップを図り、質の高い看護サービスを提供できる看護師として自己を成長させることは、転職活動において大きなアドバンテージとなります。

キャリアの展望

キャリアプランを持つことは、自分の将来に対するビジョンを持つことを意味します。

看護師としての長期的な目標を明確にし、そのために必要なスキルや経験を積むことで、自分のキャリアをより有意義に進めることができます。

自己成長とやりがい

スキルアップやキャリアの目標達成は、自己成長と仕事へのやりがいを高めることに繋がります。

やりがいを感じながら働くことで、モチベーションが向上し、転職成功にもポジティブに影響を与えるでしょう。

日勤のみで働く看護師のキャリアパス

スキルアップへの取り組み

日勤のみの勤務形態でも、看護師としてのスキルアップは重要です。

専門性を高めるための研修や勉強会に参加し、新しい知識や技術を身につけましょう。

自分のスキルを高めることで、より専門的な分野での活躍が可能になります。

キャリアプランの明確化

自分の将来のキャリアプランを明確にしましょう。

日勤のみで働きながらも、進むべき方向性を持つことが大切です。

将来の目標に向けて、必要なスキルや経験を積むことで、キャリアを着実に築いていきます。

ネットワークの構築

看護師としてのキャリアを築く上で、ネットワークは重要な要素です。

同僚や先輩とのコミュニケーションを大切にし、業界内でのつながりを広げることで、

情報収集や新しいチャンスの獲得がしやすくなります。

キャリアの選択肢の拡大

日勤のみの経験がある看護師は、日中の時間帯での勤務を重視する施設や診療所、クリニックなどでの就業が可能です。

また、他の形態での経験と合わせることで、キャリアの選択肢が拡大します。

まとめ

日勤のみの勤務は、家庭との調和や健康管理を重視する方々、そしてプライベートの時間を大切にしたい方々にとって特に適した働き方と言えます。

また、フルタイムの主婦看護師、シニア世代の看護師など、さまざまな人材が日勤のみの勤務形態を選択し、自分のライフスタイルや目標に合った働き方を実現しています。

さらに、転職成功を目指す看護師にとって、スキルアップとキャリアプランの重要性は高いです。

自己成長に意欲的に取り組む姿勢やネットワークの活用、自分の目標を明確にし、その目標に向かって行動することが転職成功の秘訣といえます。

転職活動には時間と努力が必要ですが、その成果を収めることで、より自分らしい働き方ができることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職
toarunurseをフォローする
とある看護師の隙間時間

コメント